大塩歯科医院

歯周病についてはこちらから
 

 

当院では予防歯科を推奨しております
 

 

歯科口腔外科について
 

 

キッズデンタル
 

 

部分入れ歯や総義歯について
 

 

ちまたに食育の考え方はいろいろあります。その内、歯科医師が考える食育とはどういうものか。
 

 

 

モバイルサイト用QRコード

モバイルサイト用QRコード

こちらのバーコードを対応している携帯で読み取ると、携帯版のホームページも接続できます。

 

 

予防歯科

予防歯科について

〈type1〉
虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報をお伝えしながら、正しい歯磨きの指導に始まり、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ化物の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。
自然に治るということはありませんので、予防していく他ありません。
それは毎日のお掃除と定期的なプロフェッショナルクリーニングです。
当院では、担当医と協力して歯科衛生士が、患者様の状態にあったブラッシング指導と、クリーニングを行なっております。

〈type2〉
予防歯科とは、発症前に虫歯や歯周病を防ぐことです。
また、治療後に虫歯や歯周病の再発や新たな発症を防ぐことでもあります。
歯科医療に関しては、病気になってからでは元通りになりません。
たとえば、「虫歯だから削って詰めましょう」、「痛いから神経をとりましょう」、「揺れてきたから抜きましょう」などです。
痛くなる前にお口の中の健康を守り、また増進するための、積極的な医療こそが、病気の原因から治す方法であり、予防歯科の考え方の原点です。
当院では、歯の病気の原因についてご説明することで、患者さんのご理解をいただいた上での治療に努めていきたいと考えておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

予防

どんな病気や異常でも、最良の治療法は発生する前に防いでしまうことです。歯科でも例外ではありません。
虫歯や歯周病の原因は歯につく汚れの中にいる細菌です。毎日しっかり歯磨きをして、歯についた汚れをキレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができます。
しかし、「磨いている」と「磨けている」とは違います。ご家庭で歯を磨いている人は、たくさんいますが、しっかり磨けている人はほとんどいないようです。
 ご家庭ではどうしても落とせないような汚れを、歯科医院でPMTCと呼ばれる歯のクリーニングで専用の器械や薬剤を使って落としたり、正しい歯の磨き方の指導を受けることが予防歯科への近道といえるでしょう。
 大塩歯科医院で行っている予防歯科は、虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報をお伝えしながら、正しい歯磨きの指導や、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ化物の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。
 虫歯になる前や、歯科治療完了後のメンテナンスを行うことにより、治療“cure”から予防“care”に移行することが、大切な歯を残す最良の方法になると思います。

 

お子様の歯の予防

お子様の歯の予防

 

代表的な病気である虫歯と歯周病は90%は予防が可能な病気です。
当医院では、虫歯予防、歯周病予防を進めていくうえで、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と患者様のお口の中の状態にあわせて検診に来ていただき、より良い口腔内の状態を維持できるよう、歯科医師、歯科衛生士が患者様と一緒に考えていきます。

お子様の予防歯科
虫歯は細菌を原因とした感染症です。つまり、はじめは他人から感染してきます。まずは、お父様、お母様、ご家族がお口を清潔に保つことがお子様の虫歯予防には大切です。

1)乳歯の虫歯予防
 乳歯は3才頃に全部萌えそろいますが、この頃から甘いものを盛んに食べたり飲んだりしやすい時期でもあります。そのため子供さん達の虫歯が急増します。
乳歯はどうせ萌え変わるからといって虫歯を放っておくと、うまく噛めないため、色々な弊害が出てきます。そのひとつに永久歯の歯並びの悪さの大きな原因ともなります。
黒い虫歯の子供達より、白い歯の口元の方が、どんなに爽やかなことでしょう。

2)幼児期の虫歯予防
 この時期にはまず歯磨きの習慣を育児の一つとして身に付けてあげてはいかがですか?この頃には親の真似が盛んになりますので真似から上手に移行させるチャンスなのです。しかしまだ上手に自分の口の中を磨くことが出来ないため、お父さん、お母さんが手を貸してあげ、最後は必ず仕上げ磨きをしてあげて下さい。
虫歯にして病院に子供の手を引きずって連れてくるほどかわいそうな事はありません。どうぞお父さん、お母さん、一緒になって楽しく歯磨きをさせるようにし、好き嫌いのない可愛いお子さんに育てて下さい。